ホーム > くらし?手続き > 元気ふくしま?ふるさと寄附金

ここから本文です。

更新日:2020年9月10日

皆さまからの応援をお待ちしてます!〈ふるさと納稅〉

 ふるさと納稅とは、自分の選んだ自治體に寄附(ふるさと納稅)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を超える部分について、所得稅と住民稅から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります)。福島市は、総務大臣から「ふるさと納稅」の指定基準に適合する地方団體として指定を受けました。現在、福島市では、様々な特徴のあるまちづくりの取り組みを進めています。ぜひ、皆さまからの応援をお待ちしています。 

juuten

ouen2

bmoushikomi

borei

bjigyousha

bkoujo

福島サポーターのための応援イレブン(応援メニュー)

 福島市では、皆様からいただくふるさと納稅を真の復興に向けた新たなまちづくり等に活用させていただきます。令和2年8月より、応援メニューを「福島サポーターのための応援イレブン」にリニューアルしました。現在は、11の応援メニューに加え、新型コロナウイルス感染癥対策メニューを追加しています。ふるさと納稅をお申込みの際に、以下のメニューからお選びください。

menu

 

応援メニュー 一覧

「くだもの王國」の農業

風評はいまも続いていますが、気候変動への対応など新たなチャレンジをしながら、一層品質が良くおいしいものをお屆けし、風評を乗り越えていきます。

福島のくだもの情報は福島県くだもの消費拡大委員會ホームページでご覧いただけます。(外部サイトへリンク)                       

花見山と美しい環境

つらいときにも潤いを與えてくれた美しい環境。桃源郷花見山などの花の名所、雪うさぎの吾妻山や信夫山、清流荒川など環境を守り、活用していきます。

花見山の情報は福島市観光コンベンション協會ホームページでご覧いただけます。(外部サイトへリンク)

災害に強い地域づくり 大震災や臺風、新型コロナ感染癥の教訓を生かして、災害や感染癥に強い地域づくりを進めます。福島モデルとなり、感謝をもって他都市を応援できるまちを目指します。
古関裕而のまち、ふくしま

朝ドラ「エール」のモデル古関裕而。古関の故郷にふさわしい地域づくりや音楽?文化の振興に取り組みます。

古関裕而に関する情報は福島市古関裕而記念館ホームページでご覧いただけます。(外部サイトへリンク)

子どもの夢を育むまち 災害が子どもに與える影響は大きく、子ども數も減少しました。子どもに関する施策?環境を充実し、子どもたちや子育て世代から「住みたい!」と選ばれるまちを目指します。

高齢者や障がい者、だれにも優しい共生社會

モデル的な共生社會を目指し、高齢者、障がい者をはじめ、だれもが安心していきいきと暮らせる地域社會の形成、醫療?福祉?健康づくりを進めます。

高齢者が利用できる福祉サービスはこちらからご覧いただけます。

障がい者が利用できる福祉サービスはこちらからご覧いただけます。

にぎわいと活力の県都づくり

県都?福島圏域の拠點都市として、福島駅前再開発など中心部のにぎわいづくり、産業振興などにより、広域的に定住?交流が増えるよう役割を果たしていきます。

「風格ある県都を目指すまちづくり構想」についてはこちらからご覧いただけます。

オリンピックの遺産づくり

「復興五輪」の開催都市として、心を込めておもてなし。世界に感謝と復興の現狀を発信します。スポーツのまちづくり、國際化など五輪の遺産づくりを進めます。

福島市 東京2020オリンピック?パラリンピック競技大會情報についてはこちらからご覧いただけます。

動物との共生

動物の愛護と適正な管理を進めるとともに、ペット同伴避難所など、地域の中で動物と共生できる取組を進めます。
10 情報発信と都市ブランドの形成 ICT化を推進しながら、情報発信を強化し、県外の方とのコミュニケーションと都市ブランドの形成を図っていきます。
11 とにかく復興、福島市! 復興、まちづくりなど、とにかく福島市を応援していただければ、幸せです。
12 新型コロナウイルス感染癥対策

「新しい生活様式」の定著を図り、感染防止と社會経済活動の持続的な両立を図っていきます。

新型コロナウイルス感染癥関連情報はこちらからご覧いただけます。

 

 

 ○寄附の実績についてはこちらをご覧ください。寄附の実績について

 

寄附の申し込みとお支払い方法

お申し込みは、インターネットから直接お申し込みいただくか、寄附申込書をご提出いただくことでもお申し込みいただけます。

 ※ふるさと納稅の受付を偽裝した詐欺サイトの存在が確認されています。本市へのふるさと納稅は下記サイトからお願いいたします。

 

 

インターネットからお申込みの方は、こちらから

    furusato

         (外部サイトへリンク)

            furunabi

                            (外部サイトへリンク)

          rakuten2

                            (外部サイトへリンク)

 

郵送またはファクスでお申し込みの場合 

寄附申込書にご記入いただき、下記送付先へお申し込みください。

寄附申込書(PDF:395KB)

寄附申込書記入例(PDF:221KB)

 

【問い合わせ?送付先】
〒960-8061福島市五月町10番17號 酪農會館303
一般社団法人 福島市観光コンベンション協會
電話番號:024-563-5554
※福島市は、ふるさと寄附金に関する業務を上記法人に委託しております。

 

 

 お支払い方法については、こちらをご覧ください。

 

 

 

お禮の品

「くだものの寶石箱」福島市の四季折々のくだものをはじめ、多彩な返禮品をご用意しています!福島市外に住民票を有し、1回につき1萬円以上を寄附された個人の方が対象になります。

返禮品は隨時更新しております。詳しくは下記ポータルサイトをご覧ください。

 

 

furusato(外部サイトへリンク)

furunabi(外部サイトへリンク)

rakuten2(外部サイトへリンク)

※返禮品(特産品など)を受け取った場合の経済的利益は一時所得に該當しますので、ご注意ください。國稅庁ホームページ(外部サイトへリンク)

 

 ポイントについて

1回の寄附につき1萬円で10,000ポイントを付與します。1回の寄附額が1萬円以上の場合は、1,000円ごとに1,000ポイントずつ加算されます。

また、ポイントの有効期限は付與された日から2年間です。ただし、有効期限內に新たに寄附を行った場合、ポイントは合算され、有効期限は最新ポイント付與日から2年間となります。

 

 返禮品提供事業者を募集しています!

福島市では、ふるさと納稅制度により寄附をいただいた方に対し感謝の意を伝えるとともに、寄附の促進及び地域特産品のPR、販路拡大による地域経済を図るため、寄付者へ贈呈する返禮品の提供にご協力いただける事業者を募集しています。

ご協力いただける方、ご関心のあるかたはお気軽にお問合せください。

※7月より募集要項、申請様式が変更になりました。以下の様式をご使用ください。

募集要項等

 【募集要項】

 令和2年度福島市ふるさと納稅返禮品協力事業者募集要項(PDF:433KB)

 【申込書等】

 第1號様式 令和2年度福島市ふるさと納稅返禮品協力事業者登録申込書兼変更屆(PDF:523KB)

   第1號様式 令和2年度福島市ふるさと納稅返禮品協力事業者登録申込書兼変更屆(エクセル:19KB)

   第2號様式 令和2年度福島市ふるさと納稅返禮品登録申請書(PDF:524KB)

   第2號様式 令和2年度福島市ふるさと納稅返禮品登録申請書(エクセル:15KB)

   第3號様式 令和2年度福島市ふるさと納稅返禮品変更申請書(PDF:521KB)

   第3號様式 令和2年度福島市ふるさと納稅返禮品変更申請書(エクセル:14KB)

   第4號様式 令和2年度福島市ふるさと納稅返禮品等(協力事業者登録?提供)取り下げ書(PDF:530KB)

   第4號様式 令和2年度福島市ふるさと納稅返禮品等(協力事業者登録?提供)取り下げ書(エクセル:13KB)

     

 【問い合わせ?提出先】

 〒960-8061福島市五月町10番17號 酪農會館303
 一般社団法人 福島市観光コンベンション協會
 電話番號:024-563-5554
 ※福島市は、ふるさと寄附金に関する業務を上記法人に委託しております。

稅額控除のお手続き

稅額控除を受けるためには、稅額控除の申請手続きが必要です。「確定申告」でのお手続きと、「ワンストップ特例制度」でのお手続きがあります。自分に合ったお手続き方法を選び、稅額控除のお手続きを行ってください。

 

【確定申告】

所得稅からの控除(還付)と住民稅からの控除になります。ご入金確認後、「寄附金受領証明書」をお屆けしますので、大切に保管してください。寄附した日の翌年の確定申告時期に忘れずに最寄りの稅務署にて、確定申告をしてください。

 

 

 

 

 

 

 

【ワンストップ特例】

ワンストップ特例とは、確定申告?住民稅申告を必要としないかたが、寄附をおこなった際に申請をすることで、確定申告等をしなくても稅の控除が受けられる特例制度です。
ワンストップ特例制度を利用するためには、寄附をした年の翌年1月10日までに「寄附金稅額控除に係る申告特例申請書」および必要書類を福島市に提出していただく必要があります。
また、ワンストップ特例の適用を受けるかたは、所得稅からの控除は発生せず、ふるさと納稅をおこなった翌年の6月以降に支払う住民稅の減額という形で控除が行われます。

ワンストップ特例の申請はこちらから?

 【問い合わせ先】
福島市役所 市民稅課稅制係
福島市五老內町3番1號 電話番號:024-525-3713

 

onestop

 

関連ページ

 

  • 寄附金控除など稅に関するお問い合わせ先
    市民稅課市民稅第一係
    電話:024-525-3791(直通)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

政策調整部政策調整課シティセールス推進室

福島市五老內町3番1號

電話番號:024-525-3788

ファックス:024-536-9828

动漫岛 - 十八禁啪漫动漫-成年AV动漫网站